輸出・輸入食品検査

対中国食品輸出入支援

対中食品輸出について

中国への食品輸出にお困りの方は気軽にお問い合わせください。中国のGB基準に基づき、食品の対中輸出可否の判断中国語食品表示の確認及び作成食品包材の適合性確認等サービスを提供しております。詳細は添付ファイルをご確認ください。

中国からの食品及び食品用器具、容器包装・おもちゃの輸入について

販売又は営業を目的として食品、添加物、器具・容器包装、おもちゃを輸入する場合は食品衛生法に基づいた検査を実施しなければなりません。 輸入時及び輸入後のリスクを低減するために下記支援サービスをご利用ください。

食品の輸入前事前検査

食品衛生法で規格基準が定まれてある食品、また命令検査項目、自主回検査項目については、必ず初回輸入時に厚生労働省登録検査機関(以下「登録検査機関」と略称)による検査を求められています。輸入前に登録検査機関で事前検査を行うことで、初回輸入時の食品衛生法違反によるシップバック、廃棄リスクを下げることが可能です。

食品用器具・容器包装・おもちゃの規格基準試験の実施について

食品用器具・容器包装・おもちゃの規格基準試験については、輸出国の公的検査機関による検査を受け入れています。当法人の提携先である中国税関試験室で試験を行うことで日本での通関がスムーズなります。

日本語の食品表示確認及び作成について

食品表示専門知識と経験が豊富なチームが日本語の表示内容の確認及び作成サービスを提供しております。表示内容不適合による回収を回避するために、食品の輸入する前或いは日本国内市場に流通する前に表示内容の確認を実施することをお勧めします。

お問い合せ

一般財団法人 日本食品検査 事業開発部門 担当:岡本、蘇
TEL.03-6436-8773 Email:s_chaina@jffic.or.jp