試験と分析

微生物

製品に対する微生物試験から、環境中の微生物試験まで、あらゆる場面でのお客様のご要望にお応えします。
・製品試験として
・製造環境の問題(問題発生型、問題発見型、問題発掘型)に対する解決のツールとして
・商品開発(保存試験)、従業員教育のツールとして
JFICの微生物試験をお役立てください。

先ずはご相談ください。

微生物試験のご依頼をしてくださるお客様の背景は多様です。単純に製品に対する微生物試験をするだけにとどまらず、こんな事まで出来るの!!というケースがあるかもしれません。納期や試験手数料等と合わせて、お気軽にご相談ください。

ご相談から微生物試験、ご報告までのフロー

試験項目のご案内(例)

試験項目

公定法による試験だけではなく、ご要望に応じ多様な試験法を用ることができます。

  • 生菌数
  • 大腸菌群
  • E.coli
  • 黄色ブドウ球菌
  • サルモネラ
  • 腸炎ビブリオ
  • 腸管出血性大腸菌O26、O103、O111、O121、O145、及びO157
  • 腸管出血性大腸菌毒素遺伝子(VT遺伝子)
  • 嫌気性菌数
  • 耐熱性菌数
  • 酵母
  • カビ
  • カビの同定
  • 乳酸菌数
  • カンピロバクター
  • リステリア・モノサイトゲネス
  • ボツリヌス菌
  • セレウス菌
  • 保存試験
  • ノロウィルス