組織概要

理事長挨拶・組織理念

理事長挨拶

理事長 福間 浩一

当法人は、1949年の創立以来、主に食品の輸出入に関わる試験検査と冷凍食品施設の衛生調査等を通じて食品産業の発展に資するとともに食品衛生の向上など公共の福祉に寄与することを基本方針として活動して参りました。
 日本経済の発展とともに我が国の食生活は飛躍的に豊かになってきましたが、食品の多様化とグローバル化に伴い、食の安全を確保する作業はより複雑なものになってきているため、お客様のニーズも高度化、多様化してまいりました。このような状況を踏まえて、このたび、法人名称を従来の「日本冷凍食品検査協会」から「JFIC日本食品検査」とあらため、お客様に事業内容をより正確にご理解いただけるようにいたしました。
当法人は第三者検査機関の役割を担い、「正確な試験」および「信頼される検査」を行う「食の安全・安心を守る総合検査機関」として、これからも社会に貢献して行きたいと考えております。

 私たちは食品衛生法の登録検査機関および健康増進法の登録試験機関として、徹底した精度管理のもと、正確で迅速な試験結果の提供に努めるとともに、食品の製造・流通業からの多様な検査ニーズに対応し、検査、品質管理の指導およびHACCP・ISO等の導入や認証取得のコンサルティングも行ってきております。
 さらに、検査機関として長年培った技術を背景に、食品に携わる事業者・技術者のための食品表示、品質管理および細菌検査等の研修会・講習会を各地で開催しております。
 これからも私たちはお客様にしっかりと向き合い、信頼されるパ-トナ-としてさまざまな課題解決のお役に立てるよう、検査技術の向上・研鑽に一層努めて参りますので、引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

2017年5月

理事長 福間 浩一

組織理念

組織運営理念

一般財団法人 JFIC日本食品検査は、食品の試験・検査等を通じて、顧客価値の高いサービスを提供することにより顧客満足度を高め、もって食品産業の発展及び食の安全の推進に貢献することを運営理念とします。

事業方針

信頼度の高い輸入食品等の命令検査・自主検査の試験体制と能力を基盤として、食品製造・加工施設等の衛生調査・監査、これらの業務に付随する試験及び食品事業者が必要とする試験、HACCP認証等のためのコンサルティング、食品事業者を対象とする各種セミナー・教育訓練等を、食品事業者に提供する機関になる。

一般事業主行動計画

本会は、次世代法・女性活躍推進法に基づき「 一般事業主行動計画 」を策定しております。